Contents

白髪が気になってきたものの美容室に行き定期的に染めるのは、時間とコストがかかってしまうとお感じの方も多いようです。
そのような方におススメなのが、ドラッグストアなどで購入できる白髪染めセットです。
でも実際に購入しようと、ネットで調べても種類の多さにどの商品を選んで良いのか悩んでしまう方も多いようです。
では白髪染めを購入する際、どのような点に気を付けて購入すれば良いのでしょうか?

まずはご自身の髪質が柔いのか硬いのかチェック!

まず始めに自分の髪質が柔らかいのか、太くて硬いタイプなのかをチェックしてみましょう。
なぜなら髪質が太くて硬いタイプの方は、髪が染まりにくいため、自分の思った色より少し、明るめの色を選んだほうが良いと言えます。
そして白髪染めには大きく分けて、ヘアカラータイプとヘアマニキュアタイプの二種類があります。
ヘアカラータイプの白髪染めは、髪の色素を一度脱色してから、染め直すので染料の定着期間が長いことが特徴です。
一方ヘアマニキュアは、髪の表面に色を定着させるタイプなので、染料の定着期間は短いですが、頭皮や髪に対するダメージが少ないと言えます。

失敗した時を想定して、希望する色より少し明るめの色を選ぶ

また一度暗めの色で染めてしまうなら、明るい色に染め直すことができませんので、ご希望の色よりも少し明るめの色を選ぶほうが良いと言えます。
髪を染めた後で、イメージと違ったとお感じになった場合、明るい色から、少し落ち着いた色に染め直すことはできるからです。
髪質や髪の傷み具合をチェックしてご自分に合う白髪染めを見つけてみてください。

白髪でお悩みの方は多いようですが遺伝や老化、ストレスや生活習慣の乱れなど白髪になる理由は様々なようです。
白髪対策として最も簡単なのが、白髪染めの使用ですが白髪染めにはどのような種類があるのでしょうか?

ヘアマニキュアタイプとヘアカラータイプの2種類の違いと効果

大きく分けて白髪染めには、ヘアマニキュアタイプとヘアカラータイプの2種類に分かれます。

まずヘアカラータイプは、髪の内部まで染料を浸透させることができるので、きれいに染まり長持ちします。
そしてほとんどの美容院でも、白髪染めの際にはヘアカラータイプの染料が使用されています。
一方ヘアマニキュアタイプの染料は、髪の表面に染料をコーティングし白髪を染めるタイプの物です。
ですからヘアカラータイプの白髪染めと比べて、色落ちが早いと言えますが、髪自体にかける負担が少ないので髪が傷みにくいという利点があります。

ご自身にぴったりのタイプの白髪染めを選びましょう!

またヘアカラータイプ、ヘアマニキュアタイプの白髪染めにはクリームタイプや乳液タイプ、泡タイプなど様々な種類があります。
二つの染料を混ぜ合わせるクリームタイプは、液だれしにくいため髪の生え際や根元を染めるのに適しており、二つの染料を混ぜる前であればキャップをして保存も可能です。
そして髪の長い方には、髪になじみがよく伸びのよい、乳液タイプがおススメですし白髪染め初心者の方には、お手軽に使っていただける泡タイプがおススメです。
ご自分の白髪のタイプや髪の状態に合わせて、ピッタリの白髪染めを探してみてください。

高齢の方々だけではなく比較的若い年齢の方々の中にも、白髪でお悩みの方はいらっしゃいますが白髪になる原因とは一体何なのでしょうか?
ほとんどの方が黒い髪が何らかの原因によって、白髪になってしまうとお考えのことでしょう。
しかし実は元々の髪は白色でメラニン色素の働きにより、黒や茶色などの色がついてくるのです。
ですが何らかの原因により、メラニン色素の働きが悪くなることにより髪に色がつかなくなり白髪が出てきたように感じるのです。
では白髪との関係でどのような原因によってメラニン色素の働きが不活発になってしまうことがあるのでしょうか?

加齢、老化による白髪の出現

まず最初に考えられるのが、遺伝や老化による影響で30代ごろからメラニン色素が不活発になり白髪が出てくることが考えられます。
また甲状腺や胃腸系の病気にかかることによっても、白髪になる場合もあります。
そして食習慣の乱れや睡眠不足などの生活習慣の乱れが原因となって白髪になる方もおられます。

ストレスや生活環境でメラニン色素が不活発に

他にも生活環境の変化などからくる、ストレスによって一気に白髪が出てきたという話も聞きます。
ストレスによって自律神経が乱れることがありますが、それによってメラニン色素の働きが不活発になることがあります。
ですからストレスが原因となって、いきなり白髪が増えるということは十分に考えられます。
白髪が増えてきたとしても原因をしっかりと把握することによって白髪を減少させることもできるのです。

白髪を染めたいけれど、髪を傷ませたくないもともと肌が弱いので、白髪染めを使うことを躊躇してしまうといった方々の間で無添加白髪染めが話題になっているようです。
では無添加の白髪染めとは、一体どのようなものなのでしょうか?
一般的に脱色剤や人工の香料の入っていない白髪染めが無添加白髪染めと呼ばれていますが、中には安全性の高い合成染料などが配合されているものもあるようです。

無添加白髪染めの成分である、ヘナとは? 

無添加の白髪染めの成分として、ヘナという言葉をよく耳にしますが、一体どのような成分なのでしょうか?
ヘナとは植物の名前で、その植物から取られた色素を配合して作られた白髪染めが、ヘナ白髪染めでオレンジ系の色に染めることができます。
また他の天然素材の染料と混ぜ合わせることにより、ブラウン系など様々な色に染めることができるようになりました。
自然から取られた天然色素を使っているので、髪にも地肌にも優しい白髪染めと言えます。

 昆布やウコンなど植物由来の染料を使った白髪染め

またコンブの色素を配合して作った白髪染めもありますが、コンブにはトリートメント効果のある成分も含まれていますので髪に対するダメージも少ないと言えます。
またウコンやクチナシ、アナトーやベニバナといった、植物由来の染料を使った白髪染めもあります。
これらの植物を使って繊維類を染色することができると考えるならば白髪染めの効果も十分に期待できるでしょう。
また刺激の強い化学物質が入っていないので、高齢の方から若い方まで幅広い年齢層の方にご使用いただけます。

ドラッグストアやスーパーなどで白髪染めを探してみると、必ず男性用と女性用に分けて販売されていますが、一体どのような違いがあるのでしょうか?

基本的に女性と男性の白髪染めの成分効果は変わらない

一般的に女性と比べて男性は短髪で、太い髪質の方が多いということで、内容量や使用されている染料に多少の違いはありますが基本的に大きな成分の違いはありません。
育毛シャンプーなども同じことがいえます。
女性同士であっても髪の質や量などには個人差があるので、その点を考えるならば男性が女性用の白髪染めを使っても特に問題はないと言えます。
ですが女性はただ白髪を染めるだけでなく髪のカラーを変えておしゃれを楽しみたいとお考えの方も多いようです。
ですからブラックやダークブラウンなどの落ち着いた色の男性用の白髪染めに対して、女性用は様々なカラーバリエーションのものが販売されています。

女性用白髪染めは香料にこだわった白髪染めが多い傾向に 

また白髪を染める際の匂いが気になるとお感じの女性は多いようですので、最近の女性用白髪染めには、フローラルなどの香りが添加された商品も数多く販売されています。
そして髪は女の命という言葉が昔あったように、白髪を染めながらも髪にできるだけダメージは与えたくないと思っている女性も多いようです。
そのためトリートメント成分などの髪に優しい成分を配合した商品が多いのも、女性用白髪染めの特徴と言えるでしょう。
ですから少し明るい色で染めたい、髪に優しい白髪染めを使いたいとお感じの男性の方であれば、女性用の白髪染めを一度試してみるのはいかがでしょうか?

白髪を気にしておられる方の中には、白髪染めを使いたいものの、使うことによって薄毛になることを心配されている方もおられるようです。
白髪染めを使うことによって、実際に髪が薄くなるということはあるのでしょうか?

キューティクルが開いてしまい、薄毛の原因の一つになる?

一般的に薄毛になってしまう原因としては、加齢やストレスなど様々ですが、白髪染めを使い続けることも薄毛の一つの原因となってしまう場合があります。
例えば白髪染めに含まれる化学物質が体質的に合わなかったり、頭皮にダメージを与えてしまうなら、髪が細くなったり髪が抜けやすくなってしまうからです。
また髪を染めた直後は、キューティクルが開いた状態になり、髪の毛の内部の栄養素などが、流れ出てしまいます。
ですから白髪染めを頻繁に使うことによって、髪の潤いがなくなったり髪のボリュームが減ってしまったりすることもあります。

 トリートメントやパックと併用するのがおすすめ

そのため白髪染めを使用する際は、トリートメントや髪用のパックなどを使用することをおススメします。
そうすることにより白髪を染めた際に、失った髪内部の栄養素などを補給することができるのです。
もともと肌が弱い方や、髪の痛みを気にしている方もおられることでしょう。
そのような方であれば、白髪染めの使用によって薄毛になってしまうリスクも上がってしまうことが考えられます。
最近では自然由来の天然成分を配合した、白髪染めもたくさん販売されていますのでそのような無添加の白髪染めを使うことをおススメします。

ヘアカラーには白髪染めとおしゃれ染めの2種類がありますが、これらはどのように違いがあるのでしょうか?

ヘアカラーと違うのはブリーチ力?

白髪染めもおしゃれ染めも、アルカリ剤で髪のキューティクルを開き脱色した後、色を入れていくという方法は基本的に同じです。
大きく違うものはなにかと言うとブリーチ力です。
おしゃれ染めのほうは、通常メラニン色素のある黒い髪を明るい色に染めるために作られているので、白髪染めよりもブリーチ力が高いと言えます。
ブリーチ力が高い分おしゃれ染めのほうが、白髪染めに比べて、明るい色に染めやすいという点があります。

脱色剤の配合率が低くなりやすい白髪染めは明るい色になりにくい

一方、白髪染めのほうはメラニン色素のない白髪を染めなければならないため、色素をたくさん配合する必要があります。
ですからおしゃれ染めに比べて、脱色剤の配合率が低くなりブリーチ力が下がってしまうので、明るい色に染めることは難しいと言えます。
そのため黒髪の人が白髪染めを使って、髪を染めたとしてもカラーリングの効果は出づらいのです。

今のところ白髪の量がそれほど多くないものの、気になるという方であれば、おしゃれ染めで染めても十分の効果が期待できます。
ですが全体的に白髪が出てきておられる方であれば、おしゃれ染めでは色素の配合量が少なく、色が入りにくいので白髪染めを使うことをおススメします。
また白髪染めのほうが、髪や頭皮にかける負担が少ないという意見も聞きますが、同じヘアカラーなのでかかる負担に変わりはないと言えます。

白髪染めを使った後、頭皮がかゆくなったと言われる方々がおられますが、なぜそのような症状が出るのでしょうか?
ここではかゆみと白髪染めについての関係性についてご紹介していきます。

白髪染めのアレルギー反応からかゆみが出る場合 

まず考えられるのが白髪染めの薬剤が合わずにアレルギー反応を起こしてしまい頭皮に、かゆみの症状が出るケースです。
市販されている白髪染めの説明書には、必ずパッチテストを行ってから染めるようにと書かれてありますので、アレルギー症状を引き起こさないために守るようにしましょう。
これまでアレルギー反応が起きなかったとしても、突然症状が出る場合もあるので、使用するたびにパッチテストを行うことが望ましいと言えます。

また白髪染めに配合されている活性酸素が頭皮に残ったために、かゆみの症状が出ることもありますので使用後は丁寧に髪や頭皮を洗うようにしましょう。
また毛穴に薬剤が残ってしまうケースも多いので、頭皮をマッサージするような方法で洗うと良いでしょう。
日頃から頭皮を健康な状態に保っているならば、かゆみの症状が出るリスクを減らせるので、頭皮美容液を使ってマッサージなどのケアをすることもおススメです。

天然成分の白髪染めを選択しよう!

もともとアレルギー体質の方や肌が弱い方であれば、刺激成分の少ない自然由来の天然成分で作られている白髪染めを選ぶと良いでしょう。
白髪染め使用後にかゆみなどの症状が出た場合は、自分でケアするのではなくすぐに皮膚科を受診するようにしてください。
かゆみの症状がそれほど強く出ていないとしても、それは頭皮に合っていないというサインなので見過ごさないようにしてください。

最近では、市販の白髪染めを買って、ご自分で白髪を染める方が増えているようです。
満足の仕上がりにするために白髪を染める前に、行っておくべきことや知っておくべきどのようなことがあるのでしょうか?

白髪染めを使う前に、パッチテストは必ず行う!

まず必ず説明書に書いてあることですが、白髪染めの薬剤によってアレルギー反応を起こす可能性がないか、パッチテストを行ってから使用する必要があります。
市販のカラーリング剤を使って一度もアレルギー反応を起こしたことのない方であっても、突然アレルギー反応が出る場合があるのです。

また整髪料の油分や汚れが髪についているならば、白髪染めの染料が髪に浸透しにくくなり、染まりにくくなってしまうので、きれいに洗い流した状態で染め始めましょう。
ですが白髪を染める直前に髪を洗うなら、水分により白髪染めの染料が流れ落ちてしまうので、しっかり乾かさないといけません。
ですから白髪を染める前日に、しっかりと髪を洗っておくと良いでしょう。

トリートメントやマッサージも一緒に使うのがおすすめ

そして白髪染めなどのカラーリング剤を使用すると、キューティクルが開き、髪の栄養分が流れ出てしまうのでトリートメントなどで髪に栄養を補給してあげることも大切です。
ですが髪や頭皮を健康な状態に保つように、日頃からトリートメントやマッサージをするなどして髪と頭皮に対するケアを心がけておくことはより大切と言えます。
そうすることにより白髪染めによる髪や頭皮へのダメージを和らげることができるのです。

白髪染めを使用するようになってから髪が傷んだ・抜けやすくなったとお感じになっている方は一般的に多いようです。
ダメージを和らげるためどのようなセルフケアを行うと良いのでしょうか?

白髪を染めた後、トリートメントを念入りに行なう

白髪染めなどのカラーリング剤を使用するなら、キューティクルが開き、髪の水分や栄養成分が流れ出てしまうため、髪がぱさつくように感じるのです。
ですから白髪を染めた直後から、栄養素のたっぷり入った修復力の高い、トリートメントやヘアパックでケアするようにしましょう。
その際、蒸しタオルで髪を包むことによって、トリートメントなどに配合されている成分を髪が吸収しやすくなります。
また髪を洗う際には、髪だけでなく地肌を丁寧にしっかりと洗うようにし、優しくマッサージするようにしましょう。
そうすることにより、毛穴の詰まりも取れ、トリートメントなどの栄養成分の吸収率をあげることができます。
トリートメントやヘアパックは、白髪を染めた直後だけでなく、定期的に使うことによって、健康で傷みにくい髪にすることができるのです。

白髪の部分だけ部分染めを行う

そして何ヶ月かに一度、髪全体を染めるより白髪が伸びてきた分だけ、生え際などをこまめに染めるようにすると良いでしょう。
そのようにこまめに染めることによって白髪染めによる、髪に対するダメージを和らげることができます。
白髪染めを使用するなら髪に多少ならずとも、ダメージを与えてしまいますが、定期的にケアすることによって髪が傷むリスクを和らげることができるのです。

PAGE TOP